弁護士法人岡林法律事務所 代表弁護士 岡林 俊夫 PROFILE

弁護士法人 岡林法律事務所
代表弁護士 岡林 俊夫(第二東京弁護士会)


所属弁護士 寺山 竜介(千葉県弁護士会)
弁護士 伊野部 啓(高知弁護士会)
弁護士 竹内 教敏(第一東京弁護士会)
弁護士 林 順敬(札幌弁護士会)
弁護士 池田 佳己(埼玉弁護士会)

所在地

<本部>

代表電話
:03-5333-2355
フリーダイヤル
:0120-93-5589
FAX
:03-5333-2455
受付時間
:AM6時〜PM11時
(平日、土日、祝日を問わず受付しております)
E-mail
info@okabayashi-lo.com

〒151−0053 JR新宿駅南口徒歩2分
東京都渋谷区代々木2-10-4
新宿辻ビル8F
弁護士法人 岡林法律事務所

<我孫子支部>

TEL
:04-7181-3771
FAX
:04-7181-3772

〒270−1151 JR我孫子駅南口徒歩2分
千葉県我孫子市本町2丁目4番3号 西田本町ビル502

<大宮支部>

TEL
:048-657-4772
FAX
:048-657-4773

〒330-0854 JR大宮駅西口徒歩2分
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目5番5号 クリスタルビル大宮Y5階

<高知支部>

TEL
:088-820-7667
FAX
:088-820-7668

〒780-0870 高知地方裁判所前
高知県高知市本町5丁目2番18号 なるせビル4階

<札幌支部>

TEL
:011-738-5700
FAX
:011-738-5701

〒060-0807 JR札幌駅北口徒歩1分
北海道札幌市北区北7条西2-6 37 山京ビル5F 520号

お電話及びメールでの法律相談は無料です。

住所・氏名・連絡先・生年月日を上記アドレスにメールして頂いてから、いつでもお気軽に、03-5333-2355まで、お電話して下さい。

お客様の声

  • 評価:大いに満足
  • 見積依頼:その他
  • 2008年03月03日
  • 心配していた諸問題もクリアできるような回答をいただき、ホッとしています。遠方のため、お会いするのはこれからになりますが、電話で直接お話しした感じでは、安心しておまかせできる印象を受けました。思い切って、見積もり依頼をしてよかったです。(女性/37歳)
  • 評価:大いに満足
  • 見積依頼:借金問題
  • 2007年07月28日
  • 淡々したお話のされ方をする先生ですが、業務のスピード解決を望まれる意志の現れだと感じました。HPの日記でもそんな先生の人柄が垣間見え好印象でした。(男性/29歳)
  • 評価:大いに満足
  • 見積依頼:借金問題
  • 2007年05月18日
  • すぐに返事を頂き大変感謝しております。初めての事なのでまだどうして良いのか分かりませんが今は、只待っていれば良いとの事なので、多少落ち着かない気分ではありますが、先生におまかせして解決を待ちたいと思います。(女性/49歳)

岡林法律事務所 WEB SITE TOPICS

2010年1月01日
1月1日より、弁護士19名となり、8事務所(新宿+7支部)となりました。
2009年10月20日
「払い過ぎた借金を取り戻すならこの1冊」(自由国民社)
が改訂されました
ご購入はこちらから⇒
2009年09月03日
横浜支部を設立いたしました。
2009年09月03日
弁護士が1名入所しました。
2009年3月23日
2月1日(日)の日経新聞朝刊に,自己破産についての岡林俊夫のコメントが掲載されました。
「払い過ぎた借金を取り戻すならこの1冊」(自由国民社)2008年09月22日
「払い過ぎた借金を取り戻すならこの1冊」(自由国民社)
という書籍を出版いたしました。
ご購入はこちらから⇒
2008年04月01日
我孫子支部を設立いたしました。
2008年03月03日
当事務所は法人化して,「弁護士法人岡林法律事務所」になりました。
2008年02月12日
弁護士ドットコムに「債務整理入門−過払い金と保証人」が掲載されました。
2008年02月01日
宝島2月1日号「『勝てる』と評判の弁護士50人!」にコメントが掲載されました。
2006年05月25日
事務所案内を更新しました。

岡林法律事務所 WEB SITE POLICY

こちらは,岡林法律事務所の弁護士岡林俊夫のHPです。

「誰かの力になりたい。」という気持ちが、私が弁護士になりたいと思った原点でした。「誰かの力になることが、実は自分自身を助けている。」それが、今の心境です。

たとえば、家族のために頑張ろう、生きようと思う。そう思うことによって、頑張れる、生きていられる。ということは、実は、家族に支えられている、生かされている。

人は一人では生きられないものですから、誰かの力になっているという実感は、生きていくためにとても重要です。誰かの力になることで、孤独や絶望から遠ざかることができる。

誰かの力になることで、自分自身が生かされている。むしろ、救われている。そんな風に感じています。

ピンチでも、チャンスでも、どんな状況でも、屈することなく、ゆるむことなく、依頼者のために、最初から最後まで最善を尽くすこと。それが、私の目指すBest Bengoshiです。

誰かの力になれるのは、幸せなことです。今、私が弁護士でいられるのは、とても幸せなことです。今まで自分を支え、導いてくれた人々、とりわけ両親に、深く感謝しています。

今まで自分に依頼して頂いた全ての方々に、心から感謝しています。これから自分に依頼して頂く全ての方々に、心から感謝したいと思います。
多くの人々に感謝しながら、前に進みたいと思っています。